メニュー

南米クルーズ

南米クルーズの魅力

  • 日本から地球の裏側にあたる南米。遠いからこそ日本とは違う、圧倒的な自然、文化、歴史など一生に一度は訪れたいと憧れる場所ではないでしょうか。
  • 南米の最南端ブエノスアイレスを出港して、南極へクルーズするコースもあります。
  • ペルー・チリなど謎多きミステリアスな古代文明を巡る旅を味わえます。
  • アマゾン川でのリバークルーズでは、ジャングル探索、ナイトハイク、アマゾン川での釣りなど、なかなか体験できない観光をすることができます。

南米クルーズの寄港地

- banner1
Close Me!

リオデジャネイロのシンボル「コルコバードの丘」に立つキリスト像。丘からは世界三大美港が一望できます。

  • リオデジャネイロ(ブラジル)

    リオのカーニバル、本場のサッカー、アマゾン保全地域、イグアスの滝など見どころ満載。2016年にはオリンピックも開催。

  • ブエノスアイレス(アルゼンチン)

    タンゴ、サッカー、ワイン、イグアスの滝、南部のパタゴニア地方の森林や氷河といったスケールの大きな風景を堪能できます。

  • ペルーのマチュピチュ

    マチュピチュ(ペルー)

    ペルーは、多くの謎に包まれた空中都市、マチュピチュ、謎の古代文明ナスカの地上絵やアンデス山脈など。近年日本人に人気があります。

  • チリのイースター島

    イースター島(チリ)

    世界7不思議の一つの神秘の島イースター島。アタカマ砂漠やパタゴニア、隣国ボリビアのウユニ湖まで足を延ばすことも可能です。

  • ボリビアのウユニ塩湖

    ウユニ塩湖(ボリビア)

    南米の内陸国で、首都ラパスの中心部は標高約3600mと、ほぼ富士山の頂上と同程度。おすすめの観光名所は、ティワナクの遺跡、チチカカ湖、絶景のウユニ塩湖など。

  • ウルグアイのサルボ宮殿

    サルボ宮殿(ウルグアイ)

    ブラジルとアルゼンチンに囲まれた国。首都のモンテビデオは、都会でありながらどこか懐かしさを感じさせる都市です。

  • アマゾン川

    アマゾン川(ブラジルと周辺諸国)

    熱帯雨林(アマゾン熱帯雨林)を流れ、大西洋に注ぐ世界最大の河川である。ジャングル探索、アマゾン川での釣り、ナイトツアーなどの観光ができます。

南米の当社セレクトのクルーズ(2016年)

1月

2月

3月