メニュー

クルーズのみ

パウカン号で行く
ミャンマー・エーヤワディ(イラワジ)川クルーズ
11泊12日(ヤンゴン発着)

  • クルーズ
資料請求・お問い合わせ
客船名
パウカン
方面
ミャンマー
出発地
ヤンゴン
泊数
11泊12日
料金
3,180ユーロ~4,035ユーロ
出発日
2015年11/19(木)
情報
ヤンゴン、マンダレー、バガンを拠点に、エーヤワディー(イラワジ)川のクルーズで美しい古都を訪れます。 ボードパヤー王時代の都だったアマラプラや、無数の仏塔が林立するサガイン、貴重な仏教遺跡の宝庫モンユアなど、 魅力と旅情あふれる船旅です。 ツアーは、ヤンゴンを2日間巡った後、バガンへ空路移動しイラワジ川クルーズとなります。
  • クルーズスケジュール・日程
  • クルーズ料金
  • 船内写真
  • 高級クルーズ規定

スケジュール・コース日程

日程 月日 寄港地 内容詳細
1 2015年
11/19(木)
ミャンマーヤンゴン国際空港へ向け出発
2 11/20(金) ヤンゴン
(ラングーン)
朝、ミャンマーヤンゴン空港に到着。バスにてホテルへ移動。市内レストランにて昼食。午後、町の名をラングーンから「争いの終わり」を意味するヤンゴンに改称された市内を観光。ミャンマー連邦の旧首都で、人口4百万人強を持つ国内最大の商業都市であり、また、東南アジア内で植民地時代の建物や文化財を最も多く残している都市です。スレーパゴダやセントマリー大聖堂、また昔の面影を残す植民地地区などを訪れます。その後徒歩にて、ヤンゴン中心部にあるミャンマー最大の聖なる黄金の仏塔―シュエダゴン・パゴダへ。丘の上から街を一望します。レストランにて夕食。ホテル泊。
3 11/21(土) ヤンゴン ヤンゴン市の郊外の港湾都市シリアムを訪ねます。タンリン通り沿いのマーケットや、紀元前3世紀に建てられたパゴダを見学。この仏教寺院では、たくさんの絵画や芸術品の収集を見る事ができます。ヤンゴン市に戻り、レストランにて昼食。ボータタウン・パゴダや全長70m高さ17mの巨大涅槃像のあるチャウッターヂー・パゴダなどを見学。その後、工芸品などを売るスコットマーケットにてショッピング。ホテルにて夕食。ホテル泊。
4 11/22(日) バガン
(クルーズ開始)
朝食後、空港へ移動。国内線にてバガンへ。パウカン号に乗船。ウエルカムカクテル。ミャンマーの至宝、仏塔の都バガン観光。世界三大仏教遺跡の1つ。ミャンマー最初の統一王朝の都バガンは、11世紀より仏教文化が花開き、今でも2000体以上の仏塔や寺院が残る世界三大仏教遺跡として知られています。午後、各自馬車や自転車などでバガン自由探索。船に戻り夕食。船内泊。
5 11/23(月) ポッパ山 バガンから南東へ65キロほど離れた死火山ポッパ山へ終日エクスカーション。ここはミャンマーの土着信仰である精霊ナッ信仰の聖地で、多くの参拝客が集まります。天空の寺院とも呼ばれるタウンカラット山(寄生火山、標高737m)の山頂に登り、遺跡を一望する頂上からの絶景をお楽しみいただきます。ポッパ山リゾートにて昼食後、ヤシ小屋を訪ねバガンへ戻ります。船上にて夕食。船内泊。
6 11/24(火) バガン-シュエピーター 朝食後、ニャウンウーのローカルマーケットへ。 陶器つくりの村に立ち寄り、職人たちの仕事場見学。また、馬車または自転車を利用してバガン郊外を探索。船にて昼食。午後、マンダレーに向け航行。サンデッキでリラックスや、ローカルの伝統習慣に関するレクチャー。シュエピーターの村近くに停泊。船上にて夕食後、パペットショウ(人形劇)見学。船内泊。
7 11/25(水) ヤンダポ 早朝ヤンダボに停泊。美しい川沿いの町で土器の製造が主産業の町です。また、ヤンダボは、1826年 2月24日にイギリスビルマ戦争の平和条約が締結された場所としても知られています。托鉢用の鉢やポットを作る工場を訪ねて独特な生産方法を見学、また、学校や僧院などを訪れます。船上にて昼食。ゆっくりとエーヤワディー(イラワジ)川をクルーズ。午後、伝統衣装のプレゼンテーション。船内泊。
8 11/26(木) モンユア 終日モンユア市観光とチンドウィン川周辺を散策。バスにてポーウインの洞窟寺院へ。洞窟内には14,5世紀に建立された沢山の仏像が収められています。また、当時の美しい壁画なども残され必見です。モンユアに戻りレストランで昼食。午後、50万体以上の仏像を収め寺院などを見学。ここには貴重な仏教遺跡が数多く残っています。バスにてサガインに戻り、船上にて夕食。 船内泊。
9 11/27(金) アヴァ-アマラプラ 1364年から1841年までビルマ王朝時代の首都であった古都アヴァへ。馬車で200年前の仏塔を訪ねます。船に戻り昼食。午後、小舟で1783年に首都であったアマラプラへ。現在は、絹や綿織物が盛んな町です。その後、タウンタマン湖にかかる世界一長い木造橋ウーベイン橋を訪れ、ここからの夕日を観賞します。船上にて夕食。船内泊。
10 11/28(土) ミングォン-マンダレー 早朝、ミングォン到着。ここにはビルマ王朝時代の未完成のパゴダが数多くあります。また、今でも使用されている世界最大の重量を持つ鐘(およそ90㌧)や周辺地区を訪れます。船に戻り昼食。エーヤワディー(イラワジ)川をマンダレーまでクルーズ。途中、マンダーで最大の仏塔マハムニ・パゴダや「世界最大の書籍」と言われ、経典を書いた石版を一枚ずつ収めたクトード寺院などの寺院を訪ねます。船上にて夕食。船内泊。
11 11/29(日) マンダレーヤンゴン
(クルーズ終了)
朝食後下船。空港へ移動。市内にて昼食。午後自由行動。夜の便で帰国。
12 11/30(月)   到着

※日程内容は、天候および時期によって変更します。

クルーズ料金

  • スーペリアスーペリア
  • デラックスデラックス
  • スイートスイート
客室カテゴリ 2015年
11月19日(木)
2名1室お一人様/ US$ シングル代金
スーペリア / 窓&ツインベッド
(メインデッキ 16㎡)
3,180ユーロ 6,065ユーロ
デラックス / 大型窓、バルコニー ツインまたはダブルベッド
(アッパーデッキ 21㎡)
3,520 ユーロ 6,400ユーロ

スイート / 大型窓、バルコニー ツインまたはダブルベッド
(アッパーデッキ 40㎡)

4,035 ユーロ -

※上記のクルーズ料金は変動制ですので、予約時にご確認ください。
※ラングーン/マンダレー間とバガン/ラングーン、またはラングーン/バガン間とマンダレー/ラングーン間のミャンマー国内航空運賃(船旅方向による)
※到着日と出発日の陸路での船からまたは船へのトランスファーサービス
※パウカン号での宿泊
※ラングーン(ヤンゴン)での4スタークラスホテルの宿泊
※2日目の朝食から11日目の昼食
※船上でのミネラルウォーター、コーヒー、紅茶のサービス
※旅程に含まれるツアーのイングリッシュスピーキングローカルガイドと入場料
※ウエルカムカクテル
※船長主催のガラディナー
※プロフェッショナルなクルーズマネージャー(英語)

別途必要代金

ポートチャージ(港湾税) 44ユーロ
船内チップ お一人様1日当たり$5を船上でお支払い下さい。
取扱手数料

当社規定よりご確認下さい。

クルーズ旅行条件/ご案内・ご注意・取消料

<パウカンクルーズ>

ご注意

2015年5月14日

取り消し手数料

キャンセル日 キャンセル料

予約日から120日前まで

キャンセル料なし

出航日90日~60日前まで

10%

出航日から59日~30日前まで

旅行代金の30%

出航日から29日~20前まで

旅行代金の50%

出航日から19日~2日前まで

旅行代金の80%
出航日から当日まで 旅行代金の100%
  • ご予約金は、ご旅行代金の10%になります